2012年2月29日水曜日

エクセルIF関数 で内税、外税を選択して計算する


Ok Wave の「エクセルで内税、外税を選択して計算するには?」という質問を見つけたので、それに回答するなら、こんな感じかな。

* 今回アップするのは、「エクセルで消費税を計算する 02 IF関数 」とほとんど同じ内容ですが、IF関数を使えるようになることで、いろいろな処理が楽になるので、しつこいですが IF関数 についてアップしておきますw


1 表の構成



A列に商品名、B列に金額、C列に税方式、D列に税込金額です。

内税の場合は、金額をそのまま表示し、外税の場合は、金額に 1.05 を掛けたものを表示します。


2 IF関数を使って税込金額を計算



セルD3では IF関数 を使います。

=IF(C3="内", B3, B3*1.05)

「セルC3 が"内"なら、セルB3の値を表示し、違うなら、セルB3 × 1.05 を表示する」ですね。


B3 * 1.05 部分の端数処理は、切捨て、切上げ、四捨五入、それぞれに応じて関数で計算します。

切捨ての場合(ROUNDDOWN)
=IF(C3="内", B3, ROUNDDOWN(B3*1.05, 0))

切上げの場合(ROUNDUP)
=IF(C3="内", B3, ROUNDUP(B3*1.05, 0))

四捨五入の場合(ROUND)
=IF(C3="内", B3, ROUND(B3*1.05, 0))


以上、「エクセルで内税、外税を選択して計算する」でした。


関連記事

エクセルで消費税を計算する 03 内税計算式