2012年2月8日水曜日

Mac 用 Chrome でオートコンプリートの一部を削除する




検索ボックスなどのウェブフォームで過去に入力したワードが表示されるオートコンプリート機能。何これ?という恥ずかしいワードも表示されたりするのですが、この入力候補の一部を削除できないか調べていました。

あ、僕が使っているブラウザは Chrome です。

Windows で使っていたときはですね、削除したい入力候補を Delete キーで削除できたんですよ。でも、MacBook Pro に買い換えてからは、どのように削除するのか分からず、4ヵ月間そのままの状態にしていました。

Chrome ヘルプの 自動入力を使用する によると、
フォーム内の欄に入力すると、その欄に過去に入力したテキストがメニューに表示されます。保存されている特定のテキストを削除するには、キーボードの矢印キーを使用してメニューから選択し、Shift+Delete を押します。
Shift + Delete ですね。

よし!とやってみたのですが、できません。何度やってもできません!Mac は違うのかな?

こうなったら、全て試してやる!と

control + delete、option + ・・・、command +・・・

最後にやってみた 「fn + delete」 で削除できましたw(Mac OS 10.9では Shift + fn + delete という情報を頂きました。)

うん、とてもスッキリしました!

一気に全てのオートコンプリートのデータを削除する方法もあるけど、それだと削除したくないデータまで削除してしまいますからね。

それにしても、いろいろと検索しているんだなぁ。恥ずかしくて全部はお見せできませんけどw

ちなみに、パスワードの削除は、設定〜個人設定〜保存したパスワードの管理 から削除できますよ。

それでは。